【旧:福島原発動物本気で救う会】HOSHI FAMILY ANIMAL WELFARE

誰もいない町で動物を保護する活動をしています。

福島県・南相馬市・双葉郡・保護犬・保護猫リスト

<この記事をTOPに固定します(随時更新)>

クリックすると詳細ページが別ウィンドウで開きます。
詳細ページがない犬猫は後日更新予定です。

●元の飼い主さんが判るまでお預かりしています
 ※正式譲渡になりましたら下記から「トライアル中 or 里親様決定」に移動しますので、そちらもご覧ください。

001014099066126
120027108096117




●飼い主さん判明 or 飼い主さんの元に戻りました or 戻るまでお預かり中

017022036040061
041052079055053
063048019004060
026025056006005
082021023008007
049070042018111
081027126108


●里親さん募集中です


●里親様決定
 ※里親様決定後に飼い主様が判明して引き取れる場合は飼い主様にお返しする条件での譲渡です。

002
003008071072
023015016020035
068069024029037
018043039028066
011012074059054
30313233050
038084079070077
073085098107086
057064005078092
080083076065109
093110080095112
104115100113102
075051101091123
114124103119117
111018

楢葉町で犬・白黒♂シェルティー雑種を保護しました。

トライアルに入りました。

その後、皮膚疾患(疥癬)が治って、まだ毛が伸びている途中ですが、
まるで別犬のようになりました。
時間が経てば、もっとフサフサのきれいな毛並みになりそうです。

054_dog3w

そして、5月下旬より埼玉県上尾市でトライアルがスタートしました。
浦和での写真展を見て、里親に手をあげてくださった方です。

054_satooya

こんな感じで、リビングに面したワンコ専用のウッドデッキ(2坪)と、
専用庭(30坪)での新たな生活がスタートしました!


(以上追記)

----------------------------------------------------------------------------------------------------

このブログをご覧くださっている皆様、
いつもありがとうございます。

新年、明けました。
震災からもうすぐ10ヶ月になります。

引き続きレスキューを続けてまいりますので、
本年もよろしくお願いいたします。


1101_naraha_dog

11月上旬、楢葉町下小縞街道東でこの犬を保護しました。
木戸駅近くのクリーニング店の隣の民家にいました。

シェルティーが入った雑種でしょうか。
毛が抜けてしまっていますが、以前はふさふさの長毛だったと思われます。
14kgの未去勢のオス♂です。とても痩せています。

上の写真は保護直前、下の写真は保護直後です。
少しですが顔つきが変わりましたね。

1101_naraha_dog2

この子の状態からして、この時に保護できてよかったと思います。
現在は動物病院でフィラリアと疥癬の治療中です。
今はひどく臆病ですが、時間とともに落ち着いて、少しずつ変わると思います。


種類:洋犬MIX。シェルティー雑種。
毛色:白黒。長毛。顔から背中が黒。鼻先、胸から腹、四肢が白です。
場所:楢葉町下小縞街道東で保護。
特徴:未去勢♂。中型犬。保護時体重14kg。
   立ち耳ですがやや垂れています。鼻は黒。茶色の瞳。
   

現在、福島県内の動物病院で治療中です。
東北地震犬猫レスキュー.com に掲載しています → 掲載ページはこちら

この犬を知っている等、この猫に関する情報をお持ちの方は、
このブログ右側の「PROFILE」下のメールのリンクからご連絡くださるか、
東北地震犬猫レスキュー.com の掲載ページからご連絡ください。
下記にお電話いただいても構いません。

★福島原発動物本気で救う会(東京都)090-2404-1763

また、私たちは飼い主様からの救出保護の依頼を受けています。
ご要望がありましたら上記番号に電話してください。

※支援物資などの寄付をしていただける方は こちらから お願いいたします。

保護した子たちのご報告など【2】

このブログを訪問してくださっている皆様、ありがとうございます。
またまた更新が遅れてしまいまして、すみません!!

今回も保護した子たちのその後などお知らせします。

先日、むさしの地域猫の会様のご協力で譲渡会に参加させていただきました。
そして、参加した猫4頭のうち3頭に、里親を希望してくださる方がいて、
トライアルに入ることになりました。

もちろん飼い主さんが見つかった場合には、
すぐに一緒に暮せる環境であればお返しすることになります。
それでも里親にと手をあげてくださった皆様、
そして、むさしの地域猫の会の皆様、ありがとうございます。

トライアルに入ることになった3頭は、

12

↑飼い主さんの事情で里親を探すことになった14歳のアメショー♂。
老猫ならではの良さがある、ひょうきんな子です(詳細はこちら

1000_tomioka_kijishiro

↑富岡町新夜ノ森で保護した、とても人馴れしているキジシロ♀ちゃん。
この写真は譲渡会の時のものなので顔が怒っていますが、
シャーシャー言う割には、猫パンチも噛みつきも全然痛くない、
手加減を知っている賢い子です(詳細はこちら)。

58

そして、富岡町夜の森南3丁目で保護したキジトラ♀(黒とら)です。
小柄で可愛くて、愛嬌のある子です(詳細はこちら


3頭とも性格のいい子たちで健康状態も良く、避妊・去勢手術済みです。
まだ正式譲渡ではありませんが、また後日、ご報告したいと思います。



0829_1704

この子も里親が決まりました。
8月に富岡町小良ヶ浜で保護した柴MIX♂です(詳細こちら)。

里親さんは「幸せになったのは私たちのほうです」と言ってくださり、
その後の様子もFacebookでお知らせくださっています。
先月から、長野県の優しいご家族の元で新たな生活が始まっています。


tomioka_manson

↑この子も里親さんが決まりました。
8月に富岡町で保護した子です(詳細はこちら)。

里親さんはご自身も猫の保護活動をされている方ですが、
この子のことがどうしても頭から離れない!とのことで今回の運びとなり、
東京都内の動物好きのご夫婦の元で、新たな生活が始まりました。


tomioka_toto

↑富岡町で保護したこの子は、しばらく東京都内でお預かりしていましたが、
一緒に暮せるようになるまで飼い主さんのご親戚と横浜で暮すことになりました。


sugano_umechan

↑そしてこの子は、飼い主さんの元に戻りました!!
富岡町で保護して、すぐに飼い主さんが判明して、先月末にお届けしました。
震災から9ヶ月も近くも生き抜いて、頑張ったウメちゃんです。


飼い主の皆さん、どうか諦めずに探してください。
よろしくお願いいたします!

先日もご紹介した「被災保護動物リスト集 第三便」が先月、発行されました。
保護された犬猫の写真入りのリスト集です。
連絡をすれば送ってくださるそうです。
パソコンを見れない飼い主さんに届きますように。



まだ紹介しきれていない子たちがおりますが、
また後日、掲載していきたいと思いますので、
よろしくお願いいたします!

保護した子たちのご報告など【1】

このブログを訪問してくれてる皆様、ありがとうございます。
いつも更新が遅れております。すみません!!

東京と福島の往復はもちろん、途中で避難所や仮設住宅へ立ち寄ったり、
保護した子たちを病院へ連れて行ったり、預かりさんのお宅へ届けたり、
飼い主探し、里親探し、募金集め、里親希望者さんとのお見合いやお届け、
保護した子たちと飼い主さんのその後の様子を見に伺ったり…

すでに言い訳っぽくなってますが… それぞれ仕事を持つ個人の集まりでして、
ほんとうに時間がなくて、更新がいつも遅れてしまっております。
ご批判もあろうかと思いますが、ご容赦ください…。

今回は保護した子たちのその後などお知らせします。

0618_shinnosuke_2

この子は飼い主さんが判ったのですが里親に出すことになり、
今は優しい飼い主さんの元で新たな生活が始まっています。↓

0618_shinnosuke_4
0618_shinnosuke_3

↑広い芝生の庭つき! 

01

↑この子は飼い主さんがすぐに引き取れないので、
東京都内の個人宅でお預かりしています。

0612_ミーちゃん親子_2

↑保護当初の親子猫です。この子たちも飼い主さんがすぐに引き取れなくて、

0612_ミーちゃん親子_1

この仔猫たちは、なんと、3月11日に生まれたそうです。
それから数ヶ月の間、保護されるまでほんとうに、お母さん猫は頑張ってくれました!
今はもう少し大きくなって、とっても可愛いです。
先日、飼い主さんの暮す避難所に連れて行き、つかぬ間の再会を果たして来ました。

19

↑東京都内の預かりさん宅で大切にお預かりしています。

12

保護直前のこの子は、自宅で待っていました。

52

保護して、車に乗せて、飼い主さんの待つ家へ

47

↑そして、飼い主さんの元へ戻りました!

300916_231931303525987_178691735516611_690645_680814539_n

↑この子も飼い主さんの元へ戻りました!
半年振りで家族と再会。ほんとうに嬉しそうです。

0731_okuma_corgi

↑この子は飼い主さんが判ったのですが里親を探すことになり、
今は優しい里親さんの元で新たな暮らしが始まったばかりです。

0703_copen_1

↑この子も里親さんが決まりました。

0829_tomioka_amesho_1+

↑保護する直前、こんな恐い顔をしていたこの子は、

Image739~00

↑預かりさん宅で、こんなに表情が変わりました。
東京都内で保護しております。
東北レスキュー.comに掲載してます。→ コチラ

0703_boxy_1

↑保護直後、緊張していたこの子も、

Image736

↑こんなにリラックスして、預かりさん宅でくつろいでます。
神奈川県内で保護しております。
東北レスキュー.comに掲載してます。→ コチラ


まだ紹介しきれていない子たちがおりますが、
また後日、掲載していきたいと思いますので、
よろしくお願いいたします!

富岡町小良ヶ浜で犬・柴雑種♂を保護しました。

0829_tomioka_shiba-mix_2

8月末、富岡町小良ヶ浜赤坂の路上で、この犬を保護しました。
6号線から海に向かって行く道です。

疲れ果てていたようで、私たちが後から車で至近距離まで近づいても、
振り返りもせずに、ゆっくり黙々と歩いていました

もう限界ぎりぎりといった表情で。

首輪がゆるゆるで、ベルトの穴を3つ詰めました。


0829_tomioka_shiba-mix_1

推定10年以上、飼い主さんと共に暮らしてきたであろう老犬です。
老犬であっても、
こうして半年近くも生き抜いて、帰りを待っています。

飼い主様、どうか諦めずに犬猫たちを、
東北地震犬猫レスキュー.comなどの、
インターネット等で探してください。どこかに保護されているかも知れません。
よろしくお願い致します。


種類:柴犬系MIX、雑種
毛色:薄茶白
保護場所:双葉郡富岡町小良ヶ浜赤坂

特徴:オス♂。立ち耳。顔と四肢がほとんど白い。青い首輪。

東北地震犬猫レスキュー.com → 掲載ページ


この犬を見たことがある方、知っている犬に似ているという方、
些細なことでも、もしや?と思ったら下記にお問い合わせください!

福島原発動物本気で救う会(東京都)星 広志:090−2404−1763

※Facebookのアカウントをお持ちの方は こちら もご覧ください。

楢葉町・犬・ポインター系ビーグル系スパニエル系セッター系・2頭を保護しています。

2011年の7月某日、この2頭を双葉郡楢葉町で保護しました。
ポインターのような、セッターのような、大きめの中型犬です。
大型犬とすると小さいほうだと思います。
ブリタニースパニエルにも似た感じもします。

この2頭は一緒に行動していて、一緒に保護しました。
同じ飼い主さんの犬かも知れません。

2頭とも、もの静かでおとなしく、攻撃性はありません。
穏やかですので、可愛がられていたと思われます。

55+

種類:ポインターとビーグルのMIXのような雑種でしょうか。
毛色:白と茶色。
保護場所:双葉郡楢葉町
特徴:白地に茶色・アーモンド色のぶち。垂れ耳。四肢に斑。もの静か。

東北地震犬猫レスキュー.com掲載ページ


45+

種類:セッター系の雑種でしょうか。スパニエル系でしょうか。
毛色:白黒。やや長毛。
保護場所:双葉郡楢葉町
特徴:白地に黒のぶち。垂れ耳。身体と四肢に斑。おとなしい。

東北地震犬猫レスキュー.com掲載ページ


飼い主様、または、この犬を見たことがある知っているという方、
この犬に関する情報をお持ちの方は、下記へご連絡ください。

★福島原発動物本気で救う会(東京都)星 広志:090−2404−1763

楢葉町・犬・柴系の雑種♂を保護しました。

26+

7月某日、この犬を保護しました。
皮膚疾患が見られますが、動物病院にて治療しています。

種類:雑種
毛色:クリーム・薄茶色
保護場所:双葉郡楢葉町
特徴:オス♂。中型犬でも小柄な柴系雑種。おとなしい性格です。

現在、動物病院で保護預かり中です。
東北地震犬猫レスキュー.com に掲載しています → 掲載ページはこちら

飼い主様、または、この犬を見たことがある知っているという方、
この犬に関する情報をお持ちの方は、下記へご連絡ください。お願いします!

★福島原発動物本気で救う会(東京都)星 広志:090−2404−1763

楢葉町・Jビレッジ・犬・茶色・中型雑種♂を保護しました。

16

5月8日、楢葉町山田岡美し森の「Jビレッジ」でこの犬を保護しました。
おとなしく人なつこい犬です。

wanko-iwaki-1

震災から2ヶ月、放浪している間に交通事故にあったようです。
前足一本に骨折の形跡がありましたが、若干曲がって治りかけていました。

wanko-iwaki-3

子供を見ると切ない声で鳴くので、
子供のいる家族に飼われていたのかもしれません。

wanko-iwaki-6
wanko-iwaki-7

種類:雑種
毛色:茶色。口の周りが黒っぽい。
保護場所:楢葉町山田岡美し森8「Jビレッジ」
特徴:オス♂。未去勢。歯の状態から2〜3歳。ナイロン製の青い首輪。

現在、いわき市内の動物病院で保護預かり中です。
東北地震犬猫レスキュー.com に掲載しています → 掲載ページはこちら

飼い主様、または、この犬を見たことがある知っているという方、
この犬に関する情報をお持ちの方は、下記へご連絡ください。お願いします!

★福島原発動物本気で救う会(東京都)星 広志:090−2404−1763

6月のある日。活動の記録です。

このブログをご覧くださってありがとうございます。
こんにちは。

このブログを始めてまだ数日です。
少ないメンバーで動いているため、ブログ更新が遅れます。
時系列も場所も前後してしまってますが、ご容赦ください。

文章も写真も、メンバーの誰かが書き、撮影したものです。
活動を知っていただくため、時間のある人間が、
できるだけ更新していきますね。

そんな感じですが、よろしくお願いします。



Image779

6月中旬、私たちは福島原発20km圏内にいました。

Image796

こちらは浪江駅前です。よく晴れた日でした。

Image797

奥のほうに豚が2頭。
この豚は、6〜8頭のグループでした。

Image795

このグループとは別に、ひとり木陰で休んでいる子もいました。
ここは民家ではなく、倉庫の建物の前の植え込みです。
雨のあたらない場所に、水とフードを置いておきました。

Image794

炎天下では見かける動物の数も減るようですが、

Image791

Image788

それでも、居ます。
この犬は柴系の雑種です。
写真は撮れませんでしたが、パピヨンもいました。
浪江郵便局の前です。

Image799

別の日の違う時間、同じ場所には、

0619_namiepostoffice_4

居ました。パピヨンも!
奥の2頭は後日、夏掘獣医師チームが保護してくれました。
ありがとう!

この写真を撮った時は、保護できませんでした。
近くまで来ても警戒心が強く、簡単には保護できないのです。

手前の2頭は今もまだ、保護されていないとのことです。
柴系とテリア系の雑種です。
誰かこの犬を知りませんか? 情報をお持ちの方は連絡ください!

この犬たちがこうして生きていられたのは、
多くの誰かのおかげですね。

0619_namiepostoffice_1

そして今も、たくさんの動物たちが、飼い主の帰りを待っています。
元気そうな子でも、保護してみると傷だらけだったりすることもあります。

もう100日以上になるのです。

元気そうな子たちがいる一方で、亡くなっている子もいます。
早くしなければ。真夏になる前に!

Image800

猫でしょう。時間が経過していて、
どんな子だったのか、もうわかりません。


この日も同じ豚がいました。

0619_namiepostoffice_3

この2頭はよく一緒に行動しているようです。


その後、移動して双葉町に近づいたあたりで、
犬や猫を多くみかけました。
例えばこんな子です。この犬は保護できず。
無理矢理に追い詰めて怖がらせてもいけません。
時間も必要です。

Image804

この日は犬3頭と猫1頭を保護して時間切れです。



そして、6月中旬のまた別のある日の別の場所では、
牛がいました。
もう見慣れた光景でしょうか?
彼らの行く先はどこなのでしょう。

0612_ushi_1

そしてダチョウもいました。
独りゆっくりと歩いていました。
何を思っているのでしょう。

0612_dacho_1

このダチョウを見た日は、依頼を受けた猫5頭を保護したところで時間切れ。

この日も、また別の日も、書ききれてない事がありましたが、
それはまた後日、ブログにUPしていきます。



この記事の写真の犬に心当たりのある方は、
このブログの左側のPROFILEにあるメールのリンクから、
メッセージをお送りいただくか、下記へご連絡ください。

★福島原発動物本気で救う会(東京都)090-2404-1763

また、我々は飼い主様からの救出保護の依頼を受けています。
ご要望があればご連絡ください。

※支援物資などの寄付をしていただける方は こちらから お願いいたします。

浪江町・犬・雑種・薄茶長毛・オス♂を保護しました。

0619_wish_4

2011年6月19日、この犬を保護しました。

0619_wish_7

浪江町の「セレモニーホール双葉」前を歩いていて、
車に近寄ってきて、リードをつなぐとそのまま乗り込んで保護。

0619_wish_5+

近付くのも怖がる犬ばかりの中、珍しい。

0619_wish_6

左耳に貫通してない噛み傷があり、首にも噛み傷がありました。
左目の下側だけ写真のように白く濁り、
どうも頭部の左側を犬にガブっとやられた跡のようです。
左目は半分から下が濁っていて、失明しているようです。

0619_wish_2

色々と済ませて移動。
車の中でも、吠えることもなく、とてもおとなしい。
大事に飼われていた犬なのでしょう。

0619_wish_1

静かです。疲れたのでしょう。

0619_wish_3

仮名ウィッシュ。
種類:中型の雑種 オス♂
毛色:薄茶色・部分的に白・長毛
特徴:足先と鼻先の毛が白い。人慣れしていてとても優しい。威嚇行動なし。
保護場所:福島県双葉郡浪江町高瀬「セレモニーホール双葉」前

現在、アニマルフレンズ新潟のシェルターで保護預かり中です。
ケージではなく、広いスペースで過ごしています。

東北地震犬猫レスキュー.com → 掲載ページはこちら

飼い主様、またはこの犬を知っている方、
この犬に関する情報をお持ちの方は下記へご連絡ください。

★福島原発動物本気で救う会(東京都)090-2404-1763

浪江町・犬・黒白MIX犬♀を保護しています。

0619_noir_1

2011年6月19日、この犬を保護しました。

0619_noir_8

保護した場所はここ。
立て看板に「行政書士 齋藤敏夫事務所」と書いてある家の付近。

0619_noir_4+

0619_noir_3+

庭の中から人間を慕うようにして突然、飛び出してきました。
誰かが助けに来てくれるのを待ってたのかな。嬉しそう。

0619_noir_5+

全く吠えず、おとなしい。3ヶ月以上も、ひとりで頑張ったね。

0619_noir_6

後ろ姿はこんな感じ。

0619_noir_7

光があたると茶色っぽいね。口の周りが白っぽい。

0619_noir_2

仮名ノア。
種類:中型の雑種 メス♀
毛色:黒・部分的に白・長毛
首輪:赤・汚れているが赤っぽい色
特徴:足先と胸の毛が白い。人慣れしていてとても優しい。威嚇行動なし。
保護場所:福島県双葉郡浪江町川添中上ノ原。

現在、アニマルフレンズ新潟のシェルターで保護預かり中です。
ケージではなく、広いスペースで過ごしています。

東北地震犬猫レスキュー.comに掲載しています → 掲載ページはこちら

この犬を知っている等、この犬に関する情報をお持ちの方は下記へご連絡ください。
★福島原発動物本気で救う会(東京都)090-2404-1763

この犬を保護しています。

0605_atomic2dog_5

2011年6月2日、ふくいちライブカメラに2頭が撮影されました。

0605_atomic_white_1

探したら、居ました。

0605_atomic2dog_1

2011年6月5日、この2頭の犬を保護しました。
放射能汚染は、2μSv(左)3μSv(右)でした。
横浜の動物救急センターに搬送しました。

0605_atomic2dog_4

推定1歳。兄弟犬かも知れません。
水を2日間飲まず、柔らかいものしか食べられませんでした。

現在、横浜のUSA軍人ファミリー宅で保護しています。
広々した家でゆっくり過ごし、健康状態・尿検査も良好です。

googleアニマルファインダーに掲載しています。
写真右側(薄茶)→ 掲載ページはこちら
写真左側(茶色)→ 掲載ページはこちら


この犬を知っている等、この犬に関する情報をお持ちの方は、
このブログの右側にある「PROFILE」下のメールのリンクから、
メッセージをお送りいただくか、下記へご連絡ください。

★福島原発動物本気で救う会(東京都)090-2404-1763

また、私たちは飼い主様からの救出保護の依頼を受けています。
ご要望があればご連絡ください。

※支援物資などの寄付をしていただける方は こちらから お願いいたします。
保護された犬猫探しサイト
被災保護動物リスト

東北地震犬猫レスキュー.com

東北地震犬猫レスキュー.com

google アニマルファインダー
記事検索
PROFILE
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ